新しいライフスタイルは、フランスの睡眠を妨げる

夜勤、画面上で費やされた時間が増加または動作させるために長い距離をずらし:フランスの新しいライフスタイルが睡眠時間と品質に影響を与える、火曜日公開されて様々な研究で、11月20日による。一つは、3年にフランスは、一ヶ月以上、疲労や過度の日中の眠気に関連付けられているために最後にその症状を伴う慢性的な不眠症の15から20パーセントを含む睡眠障害を訴えた。

27 653人15から85歳と週刊疫学紀要に発表され、フランスの睡眠午前7時で13の平均の2010年にINPE(予防と健康教育のための国立研究所)が行った調査によると日が、それらのほとんどは、その不十分な時間対時間が “必要”と考えています。そのうちの18%(24人の%と16%が女性)、睡眠が6時間未満の夜に続き、通常は肥満、2型糖尿病のリスクの増加に関連付けられた期間、疾患心血管事故。

文句を言うことが第一は、若い男性と女の子のための54分に達する “赤字”睡眠41分で、これらの高齢者15〜19歳です。現象は11〜15年の間に睡眠時間が劇的に減少し、思春期に始まる。 11歳未満の15歳の少年が眠っていると1時間31 INPEによると、生物学的な要因が、環境要因や社会によるものではないことを衰退:それはスケジュールに関連しているコー​​スだけでなく、夕方には、インターネット、ビデオゲームや携帯電話へのアクセスを提供します。

“レポート画面が人生の時間と睡眠時間との間のよりリアルな区切りがあるように融像である”フランソワ·ベック、INPEの統計的研究の頭部は指摘している。それは成長、学習と身体のバランスを促進するために、この期間中に8-9を取るだろうが15歳で、ほぼ4人に1人のテ​​ィーンエイジャーは、一日未満7時間眠る小児科医が推奨するように、霊能者。

裂孔は眠気を促進シフト、毎日の移動時間によって誘導される成人、INVSによる別の調査によると、人口の20%に影響を与える現象は、公共のための研究所へと続く健康。不眠症は、さまざまな方法でそれ自身を明示:難易若い、頻繁な覚醒の間に立ち、人口の大部分のための全体的な古いと非回復性睡眠の早い段階で。

通常の夜の睡眠の後、フランス人の三分の一は不眠症の症状を訴える人たちの60%以上に対して、疲れを感じる。 1995年以降増加し、慢性的な不眠症では、女性の方が一般的です(5以上の1が男性の15%に対して懸念している)と、一般的に年齢とともに増加し、75歳以上の43.9%に達したINVSの “健康調査の福祉”によると、また最も頻繁に向精神薬で治療されたものに限られます。 “男性にその後落ちる前に、職業上の原因に関連して、おそらく25〜50年の間に急激に増加するのに対し、現象は、女性の生涯を通じて安定したままで、”フランソワ·ベック氏は言う。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s