BagnoletBouge.com?

Feuilleton du printemps a Bagnolet: le maire et sa maitrise des nouvelles technologies:

Il y a quelques jours, le maire distribue dans les foyers un prospectus, ou plus precisement un clone de la Pravda version 2010 et imprime sur papier recycle. Son titre: “Bagnolet Bouge!”. Comme si quelque chose pouvait bouger sous la chape de plomb communiste, a part les colonnes de l’Armee Rouge ou les trains de prisonniers vers les camps du Goulag. Mais bon, passons. Ce bulletin de propagande mentionnait l’existence d’un site internet: http://www.bagnoletbouge.com

Mais en consultant le lien susmentionne, on tombe en fait sur un site controlle par les Verts et les Socialistes. Explication: le maire a publie son torchon avant de reserver le nom de domaine!

Concretement, le nom de domaine a ete reserve le 21 avril par une certaine Mariane VALSERRA, comme le mentionne le Whois, outil de base pour quiconque pretend connaitre un minimum ma fonctionnement d’internet.

Las, le maire a trouve la solution: acheter un autre nom de domaine le 22 avril, ou pourront s’etaler les “projets”, ou plus precisement la pusaillinimite, de son equipe municipale: http://www.bagnoletbouge.com … Avec un tiret qui fait toute la difference!

Le maire (version alpha) etait connu pour ses pietres qualites de gestionnaire (version beta); la mediocrite de son equipe (version beta) est maintenant publique sur le web 2.0!

Advertisements

米軍基地に対する沖縄の質量行進

“米国が沖縄の基地!”バナーは残酷な日曜日読谷に集まった数千人の数を主張まとめたものです。沖縄(南部日本列島のこの小さな村)が嘉手納から数マイルに位置し、アジア太平洋地域で最初の米軍施設。そして、彼はかなり明らかに、これでさらに沖縄になることで参加しています。ヶ月間、彼らは自分たちの土地に、新しい日本政府の約束に励まさIMを駆動するために力を合わせる。

場所は米軍の沖縄上陸第二次世界大戦中であり、日本の降伏、1945年9月2日まで前例のない暴力の戦いです。いったん平和が戻り、この列島は、アメリカ人は日本に駐留偶発の大部分をホストするために選ばれた。沖縄の位置は理想的な人を除いて皆のためである:それは米国の他のどこ東アジア(非常に近く、台湾海峡を含むよりカバーするために軍隊を可能にする、北京と台北対立で)彼は離れて迷惑の主な人口から続けて日本側に残っているこの存在は(沖縄の首都、那覇は、です午前2時30分航空機東京)。

米軍は現在、沖縄の領土の10%を使用します。不満汚染、騒音に起因する理由、刑事の兵士も残酷な行為は無限大です。すべての地方選挙では、米軍の調査で進むの撤退を支持する。少年は、彼らが家にいない感じている。 “私たちは行かせてみよう、私は家にモンタナで、つもり、彼らが中国の攻撃は、”ジェシーは、休暇に東京で若い海洋、ラス意思に反して日本を守るということです。

力された歴史的な選挙は昨年9月前に、民主党は、(民主党)沖縄の負担を軽減することを約束した。 1つは、最初の内閣総理大臣鳩山由紀夫の合意を2006年にワシントン州、1つの場所で、町の中心部に普天間基地の移転は、含まれての元過半数をもって誘拐で署名弱体化させることだった以下の人口。しかし、彼はデータベースのための新たな基盤があった。それ以来、彼は失敗した場所を、それをホストするために喜んで見つけようとします。彼自身が主に作成した問題を解決することができず、それが定期的にアメリカと日本のマスコミの前に冷笑で覆われている。

鳩山由紀夫は、5月下旬に解決策を見つけるために設立されました。核セキュリティに関する最近のワシントン首脳会談で、彼はバラクオバマに会いたいと思った。明らかに怒ったブッシュ大統領は、質問:”あなたは信頼できますか?”

Cretin tracker du 02/04/2010: “des musulmans expulsés de la cathédrale de Cordoue”

Au debut j’ai cru a un poisson d’avril. Mais apparemment cet evenement a eu vraiment lieu.

La police espagnole a dû intervenir après qu’un petit groupe de musulmans autrichiens a entamé une prière au sein de la cathédrale de Cordoue. La pratique du culte musulman y est formellement interdite. Deux jeunes ont été interpellés.

On attend les represailles de mechants Grecs orthodoxes a Sainte Sophie a Constantinople et le lynchage qui suivra. Car dans la moderne Istanbul, je doute que les fideles prennent le temps d’appeler la police…